婚活パーティー・お見合いパーティー・カップリングパーティー・婚活のエクセレントパーティークラブ

050-5531-8395
メイン画像

婚活パーティーTOP > 婚活マニュアル > 好感度が上がるプロフィール例(男性向け)

好感度が上がるプロフィール例(男性向け) 第一印象をUPさせるテク等、婚活・恋活を頑張るあなたへのお役立ち情報がいっぱい!

好感度が上がるプロフィール例(男性向け)
パーティーに参加すると、必ず記入が必要となる「プロフィールカード」。何を記入して良いか分からずに、ただ漠然と記入している方も多いのではないでしょうか。
しかし、このプロフィールカードは、パーティーで話す際に大切なアイテムとなります。実際、パーティーで女性と話す際に、プロフィールカードを見ただけでその人に対して好感を持った経験はありませんか?少しでも相手に良い印象を持ってもらうために、好感度が上がるプロフィールカードについてお話し致します。

1. 文字

 文字

文字が走り書きのプロフィールカードは、読む気が失せてしまいます。字が下手でも良いのです。丁寧に書いた文字は、上手ではなくても「読みづらい」とは感じません。
丁寧で読みやすい文字で書くのは、相手に対しての最低限のマナーになります。字を丁寧に書くためにも、時間ギリギリになって慌ててパーティーに参加するのはやめましょう。早目に到着し、ゆっくりと丁寧に文字を書きましょう。

2. 年収

1. お肌

年収の低い人ほど、パーティーでは年収を書かない傾向にあります。しかし、パーティーに来る女性のほとんどは、結婚を意識しています。年収を書いていないと「書けないほど低い年収なんだ」「年収なしのニートじゃないよね?」「フリーターなのかな」など、ネガティブなイメージを持ってしまい、現実以上に低く見積もられてしまいます。少ない年収でも正直に書けば、それだけで「誠実な人」と言う印象になり、好感度が上がります。

3. 好きなタイプ

 好きなタイプ

好きなタイプを記入する時に「美人」「スタイルの良い人」「胸の大きい人」など、外見や身体的なことを書くと、引かれてしまいます。美人の女性の中には自分のことを「美人」だと思っていない方もたくさんいます。そんな方は、あなたのことを「対象外」と思います。
また、胸などセクハラともとれる発言は、嫌がられてしまいます。好きなタイプについては、出来るだけ内面について言及しましょう。「優しい人」「明るい人」「気があいそうな人」「笑顔がかわいい人」など、抽象的なことを書いておくことをおすすめします。

4. 性格

性格

「自分の性格を一言で表して下さい」とお願いすると「短気」「優柔不断」「空気を読むのが苦手」など、ネガティブな言葉を書かれる方がいます。パーティーでは、ネガティブな表現はNGだと思って下さい。短所は言い方をかえると長所にかわります。
例えば「短気」な方は、「前向き」「仕事が早い」「素直」など言われませんか?「優柔不断」な方は「柔軟」「おひとよし」「穏やか」「優しい」など言われませんか?「空気が読むのが苦手」な方は、空気が重くなっても気にせずに発言できるため、「愛嬌がある」「マイペース」など言われたりしませんか?マイナスな言葉は使わずに、自分を表現してみましょう。
思い浮かばなければ、友人などに相談してみるのもおすすめ致します。「良い人そうな感じがする」と思ってもらえれば合格です。

5. 休日の過ごし方

休日の過ごし方

休日の過ごし方を何も書かないのはもったいないです。
休日の過ごし方は、女性が「この人と付き合ったら、こんな風に過ごすのかな・・・」と想像をする大切な項目です。
「寝て過ごす」などと記載すると、「どこにも連れて行ってもらえない」と思われてしまいますので、好感度を上げるためにはアクティブな発言を心がけて下さい。ショッピングや映画鑑賞、カフェ巡り、ドライブなどは、デートコースも想像しやすくなります。

6. 趣味・特技

趣味・特技

よく、「無趣味です」と言う方を見かけます。しかし、趣味の欄に「なし」と書くと、話があまり盛り上がりません。少しでも興味のあることを積極的に記載して下さい。また、何も思い浮かばなければ、今日からパーティーまでの間に好感度の高い趣味を作り、楽しんで下さい。スポーツなどはさわやかなイメージがあり女性に人気です。運動が苦手な方は「スポーツ観戦」でもかまいません。
但し、書いたからには、勉強して興味を持ちましょう。趣味としては「ドライブ」もおすすめです。「ドライブ」と趣味の欄に書けば、「どの辺りまで行かれるんですか?」「おすすめのドライブスポットは?」と聞かれることがありますので、色々と巡ってみて下さい。
趣味が「車」になってしまうと、改造などをしてお金をつぎ込みそうなイメージを持たれてしまいますので、「運転が好き」にとどめておきましょう。「料理」が趣味の男性は、女性に人気があります。結婚したら一緒に家事をしてくれると想像出来るからです。「料理」と書くのは敷居が高くても「パスタは得意です」「魚をおろすのが得意です」など書くと、それだけで好感度が上がります。「映画」や「読書」などの趣味は、女性も同じ趣味の場合とても盛り上がります。
また、俳優の〇〇さんが出演している話ですよね?と、好きな俳優から話が盛り上がることもあります。

▶アドバイス

「自分を良く見せたい」と、格好つけたことを書く方をよく見かけますが、話していて「違うな」と女性はすぐに気が付いてしまいます。嘘をつくよりも、等身大の自分の姿を書くことがとても大切です。
しかし、等身大の自分だからと言って、わざわざ「マイナスのこと」を書く必要はありません。もちろん、身長や年収、結婚歴など、「事実」は正直に書いて下さい。パーティーでは嘘に気付かれなくても、そのうち本当のことが分かり、「嘘を吐かれていたこと」に女性はショックを感じてしまいます。デメリットがあっても、好感を感じてもらえるプロフィールカードに仕上げましょう。パーティーで記入したプロフィールカードは持ち帰り、次回参加するまでにあらためて何を書くか考えてみることをおすすめします。

ログイン

婚活マニュアル パーティーレポート 婚活パーティー体験談

スタッフブログ

エクセレントについて

お役立ちコンテンツ

運営会社について

P-Mark

pagetop
© Excellent Party Club All Right Reserved.